近いということ、距離と感情について

−−−近寄るべからず−−−

一番近づいてはいけないのに
それなりに遠いとこにあるはずなのに
実は近いばっかりに

そういう形で関わってはいけない
一番大切なものだから
だから、近づいてはいけない

永遠にというわけではないのだろうが、
今は近づけない

近づいてはいけない
頼ってはいけない
甘えてはいけない
幻を追いかけてはいけない
夢すらも見出してはいけないのかもしれない

在ることを認めてはいけない
見逃さなくちゃいけない
手放さなくちゃいけない
空っぽでいなくちゃいけない

それが
例え一時の負担に代わってでも
いけない
を通さなくちゃいけない

近寄るべからず

遠ざけてくれればと思うのに
そうなったらそうなったで
とても絶対的に悲しむ自分がいる

ココに
ココロに
近寄るべからず

それは悲しい